その恐怖症は治ります!

ptsdの症状を知り対処しよう「悲しみは忘れられる」

ストレス解消

二人の医師

非常に大きなストレスが振りかかると人間は対処できなくなってしまうことがあります。それがptsdであり、精神科で治療してもらうべき心の病気なのです。ptsdになってしまうとその原因であるトラウマが頭の中で離れなくなってしまうので、辛い体験を繰り返し思い出すことになってしまうのです。これは起きているときだけではなく寝ているときでもトラウマを思い出してしまうことがあるのです。このようにptsdになってしまうと本当に重く辛い状態なのです。そんなときに効果的なストレス発散法はたくさんあります。
1つは日頃あまりやっていないようなことにチャレンジすることです。例えば、水泳をしてみたり、読書をしてみたり、ハイキングに出かけてみることも1つの手段なのです。このようにptsdなどではなくても普段からリフレッシュできる時間を作ることによってストレスを対処できるようになるのです。
またptsdになってしまうと誰にも相談できずに1人で悩んでしまうことが多くなってしまいます。そのような状態では症状が余計に悪化する可能性が高いので人に相談することが大切なのです。人に話すことによってどんなアドバイスをしてくれるかはわかりませんが、自分の気持ちを伝えるだけでも大きな変化があるので、精神的に辛い状態から開放されることもあるのです。このように誰かに話しを聞いてもらうということも大きな意味があります。ストレスの解消法は他にもたくさんありますが、自分のリラックスできることや楽しいと思うことをやってみると良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加